ビジネス書

読了 : 『「Learn Better」  -頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』 – アーリック・ボーザー

投稿日:2019年3月30日 更新日:

はじめに

米Amazon2017年ベスト・サイエンス書!

ページ数が多く重たいですが、とても良い本でした。これからの学習を体系的に考え、実行することができるようになりそうです。

 

『「Learn Better」  -頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』

作者: アーリック・ボーザー

出身国: アメリカ

発行年: 2018年(日本語)、2017年(英語)

 

概要

インプットとしてのアウトプットの重要性を述べたのち、具体的なアウトプット方法について言及する、といった内容になっています。ただ、後半には「あれ、これアウトプットと関係なくね?」って話がやや続きます。

 

作者紹介

米国先端政策研究所シニアフェロー。学びについての研究と発信を行っており、ニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト紙・ウォール・ストリート・ジャーナル紙など。多数のメディアに記事が掲載されている。ビル&メリンダ・ゲイツ財団のアドバイザーも務める。

引用 : 原著

ホームページもありますね。

http://ulrichboser.com

 

まとめ

体系的な学習には以下の6つのアプローチが必要である。

価値を見いだす – Value

目標を設定する – Target

能力を伸ばす – Develop

発展させる – Extend

関係づける – Relate

再考する – Rethink

 

価値を見いだす – Value

意味の価値は脳にルーツがある。私たちの心は豊かで複雑な存在であるが、物語の語り手のようなものとして活動している。

 

意味は私たちが創り出さなければならないものだからだ。人は世界に自分なりの意味を見だす。〜 不思議なことに、意味が持つ力は過小評価されがちだ。人が求めているのは結局のところ「意味」であり、その意味は自分自身で発見しなければならないのだということを、私たちはともすれば忘れてしまう。

物事の「意味」や「価値」は人それぞれ、自ら作るもので、それこそがモチベーションの源泉になる。この「人が意味を作る」という話は物語論につながるなあ、と思った。

学ぶ対象が、自分に関連性があると思うことが大切で、逆に学ぶ対象の価値を認識することができれば、それはモチベーションとなり学習が苦ではなくなる。

探究心は「情動のシステム」だという。

 

学習にはマインドフルネス、つまり積極的な価値の探求が必要だ

つまり、能動的な価値の発見により、自分の(または他人の)知的欲求をくすぐることが極めて大切。

 

目標を設定する – Target

何も考えずに学習してはいけない。〜学習の入り口の段階では、プロセスをしっかりと管理する必要がある。学習とは要するに一種の知識の管理である面も強い。

学習の前段階で大切なことは、知識がどのくらい必要かを認知すること。その後、効率的な学習には効率的な学習計画が大切になってくる。

知識は学習の土台と考えてほしい。〜脳は新しい情報を以前からある情報と「束ねる」。古い知識を使って新しい知識の理解を助けるのである。〜知識のネットワークがすでにあれば、そのネットワークに新たな知識を加えるのは簡単だ。

この、いわば「ネットワークの更新」を行うにあたり学びがあるのは、「ちょい難」、つまり理解していないものの中で最もやさしい題材を学ぶ時である。

自己効力感、自分なら達成できるといった決意、も学習にあたり重要な要素だと言っていて、それが努力を継続させ、結果に対する満足度を上げる。ゲーテの言葉を思い出しました。

人は自分に厳しい目標設定が必要だ。〜(その一方で)人は学べるという実感がなければ学べない。

人間は人間、理屈と厳しい目標だけでは学べません。

 

能力を伸ばす – Develop

フィードバックの循環に入って、体系的にスキルに磨きをかけなければならない。

わかってないが故にわかっていないところがわからないというのが初心者で、そこを抜けて自分自身の伸ばすべき能力、知識を把握するようにならないといけない。

 

なぜ学習プロセスにはこのような知的苦痛が必要なのか。〜優れた学習にコンフォートゾーンはない。〜専門分野を身につけるには反復が必要だということだ。

ここで、映画監督クエンティン・タランティーノの話が出てくる。なにかを身に付けようとしたら、「痛み」を覚悟して反復することが大切。それに耐えうるモチベーションが必要。

検索練習

ある記憶を自分に質問して思い出せるかどうかを確認する、という手法である。単語帳を覚えたのち、電車や信号待ちなどふとした瞬間に自分に問いかけること。

間違いへの対処

失敗から学ぶために一番大切なことは、成長を信じることである。間違いへの楽観的な姿勢が最終的に学習の可否を分ける。

成功をつかめるのは、勝てると信じ、勝利をめざして準備してきた者だ。勝ちたい人間は大勢いる。だが、準備するものはどれだけいるか。その違いは大きい。

 

発展させる – Extend

学習とは知識の発展、専門知識の領域の拡大とも言える。〜最も大事な概念を要約することによって、その概念への理解が深まり、その概念に意味が生まれる。

筆者は、学習はネットワークだという話をした上で、学習者は新しいものを生み出すわけではないと言っている。知識と知識が結びつくことで、学習は統合されネットワークとなる。

人間の脳は抽象画苦手だ。

本を読むだけでなく、手を動かすこと、フィールドワークをすることがとても大切だと言っている。実体のある、具体的なものをいかに反復して抽象化していくか、ということ。

知識領域の拡大にはある種の創造性が求められるのだ。

学習する対象が不確実性を持っていることを受け入れる感性が大切であり必要。極論、世界の複雑さを理解することが学習なのである。そして常にこの世界に疑問を持ち続けることが学習を助ける。

 

関係づける – Relate

知識習得とは突き詰めれば知識構造同士のつながりを理解することである。

学習効果、知識の取得において大切なことは、「関係性を考える」こと。知識の間に関係性を持つことは、様々な角度から物事を見ることにも繋がり、少ない証拠からくる過度な一般化を避けることに繋がる。

 

再考する – Rethink

家臣は効果的な学習をおおいに阻害する。自分を確信していると、人は勉強しない。練習しない。

謙虚であることが非常に大切で、また知的苦痛をもって学習することが非常に大切。「TEDトーク」は学習した気になるが、すぐわすれてしまう。

 

分散学習

一点集中型勉強ではなく、学習を時間的に分配することは効果がある。単純接触効果のようなものかな?

内省

自分のスキルや知識を理解するために、その経験を考え抜くことや空想をすることが大切。そのために静かなひととき、落ち着いた休憩を過ごすことが効果的。自分の知識の再評価は常に必要で、内省に終わりはない。

 

細かいことはさておき

かなり読み応えのある、要約が重たい本ではありますが、「学び」について体系的に学ぶことのできる領主だと思いました!念頭に置いて、これからも「Learn Better」していこうと思います!

スモールスタートとして

・「価値を見出す」

・「分散学習」

・「内省」 – 検索練習

を心がけていきたいと思います!!

 

雑食青年

-ビジネス書,
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読了 : 『学びを結果に変えるアウトプット大全』 – 樺沢紫苑

はじめに 1月現在今更感がある本ですが、感想です!恥ずかしながら、この本で著者を知りました…   『学びを結果に変えるアウトプット大全』 作者: 樺沢紫苑 (1965-) 出身国: 日本 発 …

読了 : 『そうか、君はカラマーゾフを読んだのか。』 – 亀山郁夫

はじめに 行きつけの書店の店主の方からオススメしていただきました!『カラマーゾフの兄弟』を読むにあたって、入りを良くするために読みました。   『そうか、君はカラマーゾフを読んだのか。』 作 …

読了 : 『ビラヴド』 – トニ・モリスン

はじめに 雑食青年です。今回はノーベル文学賞作家トニ・モリスンの名作、『ビラヴド』です。 『ビラヴド』 作者: トニ・モリスン (1931-) 出身国: アメリカ 発行年: 1988年

読了 : 『ザ・ゴール』 – エリヤフ・ゴールドラット

はじめに 初めてのビジネス書感想となりました。雑食青年です!やはりビジネス書や新書(つまりアイデア)は、大量に出回っているので、ひとしきり騒がれた後、長く読まれているものを読むよう心がけています。 と …

読了 : 『快楽主義の哲学』 – 澁澤 龍彥

はじめに SMの「サディズム」の言葉の元になったフランス人、マルキ・ド・サドの翻訳を広めたことで有名になった澁澤龍彦という人の人性論です。なかなか刺激的な内容でした。   『快楽主義の哲学』 …